​ ​

Route53でサブドメインだけ管理する方法

日に2回もブログを書くなんて人生初かもしれないonagataniです。こちらにちわ。という事で今回もRoute53の小ネタを。

皆さんRoute53利用されてますか!利用していない方は今すぐに利用しましょうとても便利です。 とはいえ、Route53に全部移設するのは無理だよー、wwwやwwwなしドメインは管理部署が違うので・・・という事もあるかと思います。 そんなときに便利なのが「サブドメインのDNSをRoute53に委任する」です。DNSの基本的な機能なのですが知らない人もいるかと思いますので紹介させて頂きます。

  • DNSの委任についてはこちらの記事が参考になるかと思います
  • AWSのマニュアル読めば理解できる方はこちらをどうぞ。

つまり「example.jp」というドメインがあるとして、www.example.jpやexample.jpについてはDNSは今のままで sub.example.jpやwww.sub.example.jpをRoute53で管理する事が可能になります。

今回はお名前.comを例に説明させて頂きます。

目的

お名前.comで管理しているexample.jpドメインのサブドメイン(sub.example.jp)のDNSサーバをRoute53に委任します

ステップ1 Route53に委任先Hosted Zone作成する

step1.png

マネージメントコンソールからRoute53を選択しCreate Hosted Zoneを選択し、DNS管理したいサブドメインをDomain Nameに入力しCreateを押下します

ステップ2 作成したHosted Zoneに必要なレコードを登録する

step2.png

登録できるのはあくまでサブドメインになりますのでwww.example.jpなどの今回登録していないレコードは親レコードの管理のままになります。dev.sub.example.jpやwww.sub.example.jpが登録可能です。

ステップ3 お名前.comのDNSにNSレコードを登録する

step3.png

Route53にドメインを登録するとNSレコード(ネームサーバ)が自動的に登録されていますので、このNSレコードをsub.example.jpのネームサーバとしてお名前.comにDNS委任登録します

step3-2.png

Route53ではNSレコードが4つ登録されていると思いますので、お名前.comのNSレコードとして4つ登録を行なって下さい。TTLは900で登録して下さい。

以上で完了です。お疲れ様でした。

しばらく待っているとDNSが切り替わると思います。確認は以下のコマンドで可能です(Macなど)

$ dig sub.example.jp ns

結果に先ほど登録したNSレコードの値が入っていればOKです。

このエントリーをはてなブックマークに追加