​ ​
rpi_thumbnail.png

Raspberry Pi ZeroでLチカ

こんにちは、帯広で働くファームノートエンジニアのtmです。

大人気で現在品薄になっているRaspberry Pi Zero(ラズパイゼロ)を最近購入したので、 動作確認も兼ねてちょっとした工作レポートをお送りします。

購入

ラズパイゼロは、現在日本の正規代理店ではまだ扱っておらず購入できない状況です。 いくつか海外サイトで購入できるのですが、今回はイギリスの Pimoroni というサイトから購入しました。

ラズパイゼロ単体は4英ポンド(530円くらい)なのですが、送料で5.5英ポンドかかってしまいます。送料でもう一台買えてしまいますね。私はScroll pHATを購入してみました。送料込みで20.50英ポンド(2,795円)でした。人気商品のため、購入は1オーダーにつき1個という制限付きです。

発注から2週間後、以下のようなパッケージで送られてきました。

rpi_package_pimoroni2.jpgrpi_package_pimoroni3.jpg

scroll_phat.jpg

外観

ご覧のように、ラズパイゼロには、mini-HDMI端子、microUSBポート、microUSB電源ポート、microSDカードスロットしかありません。 私が購入したものはRaspberry Pi Zero V1.3でしたので、カメラモジュール用コネクタもついていました。

rpi_zero2.jpg

半田付け

出荷時点ではGPIOピンヘッダーがついておりません。基板上のGPIOにジャンプワイヤで接続するにはピンヘッダーの半田付けが必要になります。

rpi_zero.jpg

Linuxのインストール

Raspbian Jessie Lite(2016-05-27版)をダウンロードして8GBのmicroSDカードに書き込みます。(インストール方法は省略)

シリアル接続

手元にHDMIモニタがなかったため、シリアル通信でコンソール接続してみます。 ちょうど手元にあったUSB-シリアル変換アダプタ(ケーブル)を使用します。PL2303HXチップセット内蔵のものでAmazon等で購入できます。ピン配は次のようになっています。

  • 黒-GND
  • 赤-USB電源(5V)
  • 緑-TX(3.3V)
  • 白-RX(3.3V)

usb_serial_ttl_adaptor.jpg

ラズパイゼロにクロス接続します。(赤は接続しません)

  • GND (6番ピン) - 黒(GND)
  • TX(8番ピン) - 白(RX)
  • RX(10番ピン) - 緑(TX)

rpi_zero_usb_serial2.jpg

Macからシリアル接続

Mac用の上記USB-Serialドライバ はこちらでダウンロードできます。 私はOS X Yosemite 10.10.5で動作確認できました。

[Mac]$ screen /dev/cu.usbserial 115200

ユーザ: pi
パスワード: raspberry
でラズパイゼロにログインします。

Lチカ

ジャンプワイヤによる配線ですが、18番ピンのGPIO24ポートとLEDのアノードを接続。LEDのカソードに抵抗330Ωを介して6番ピンのGNDに接続します。fritzingというツールで配線図を書いてみました。

rpi_zero_led_blink_002.pngLチカさせるのに今回簡単に試せるPythonを使用しました。以下のようなプログラムを書き、ファイル名 led_blink.py で保存します。


#!/usr/bin/env python

import RPi.GPIO as GPIO
import time

GPIO.setmode(GPIO.BCM)
GPIO.setup(24, GPIO.OUT)
try:
        while True:
                GPIO.output(24, True)
                time.sleep(0.5)
                GPIO.output(24, False)
                time.sleep(0.5)


except KeyboardInterrupt:
        pass

GPIO.cleanup()
[pi]$ sudo python ./led_blink.py

上記コマンド実行すると、LEDが0.5秒間隔で点滅します。
Ctrl-Cで強制終了すると警告がでるため、GPIO.cleanup()で後始末の処理を入れています。

以上、簡単な動作確認とLチカでした。

おわりに

弊社では絶賛エンジニアを募集しております。Wantedlyも御覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加